2020年04月20日

【MOTHER3】いつかのタツマイリ


MOTHER3の「おサルの宅配便」や「妖精(クマヒゲいちおし曲)」などの曲の「ハッピータウン?」風アレンジです。
もう少し厳密に言うと、開発中止になったN64版のMOTHER3の「タツマイリ村のテーマ」のアレンジになります。
原曲を耳コピったもの↓
・ハッピータウン?
・タツマイリ村のテーマ(N64)

去年からMOTHER3に再熱しているので、一曲ちゃんとしたアレンジを作ってみたいと思って作りました。
3章ラストから4章までのリュカとボニーの3年間をイメージしてみました。
ちなみに鐘の音はあのキャラをイメージしてます。
彼はいつ頃ニューポークに連れて行かれたんだろう…

以下、長い語り。
3章の終わりでウエスから父親のフリントと共に村を守るように頼まれるリュカ。
しかし、3年後のタツマイリ村は敵の手によって近代化、村の大多数の住人の日常生活にもすっかり定着してしまっていました。
敵がもたらした物を受け入れられないリュカ達はかつて優しく接してくれた人達からも疎まれるようになってしまうのです。
そしてフリントの方は行方不明のリュカの兄クラウス捜索に明け暮れるようになり、そんなリュカの側にずっといた家族はボニーだけでした。
この1人と1匹が4章までの間どう過ごしていたのか、具体的に何があったのかプレイヤーである私達は知る事はできません。
少なくとも、泣き虫・弱虫と言われていたリュカが外から来た人間に「そんなふうに見えない」と言われるほど、内面に変化を与えるような出来事があったんだと思います。

そんな想像してると胸がいっぱいになってしまい、居ても立ってもいられなくなったのでそんなイメージでアレンジを作ろうという事になったのでした。


posted by 翠瑠ソラヤ at 00:18| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。